Contents
トップページ
5級 文法一覧表
4大用言の種類
「です・ます」합니다体
基本形の特徴
語基とは
3つの語基の作り方
가다などの第Ⅲ語基の作り方
오다などの第Ⅲ語基の作り方
하다などの第Ⅲ語基の作り方
하다などの第Ⅲ語基の作り方



辞書形が하다で終わるすべての用言、

つまり하다用言の第Ⅲ語基は해となります。



좋아하다좋아해요
 (好きだ)        (好きです)

시작하다시작해요
 (始める)         (始めます)


母音語幹
하다 공부하다 좋아하다
する 勉強する 好きだ
第Ⅰ語基 공보하 좋아히
第Ⅱ語基 공보하 좋아하
第Ⅲ語基 공보해 좋아해


Ⅲ-요

해요体は、第Ⅲ語基に요 を接続します。

語基という概念を用いますと、このように

해요体を作る場合に、

公式的にⅢ-요と対応することができます。

第Ⅲ語基の作り方が分かればよいわけです。

これが語基が用いられる所以です。

語幹末が하の用言
해요体=第Ⅲ語基+요
하다 する 해요 します
잘하다 上手だ 잘해요 上手です
좋아하다 好む 좋아해요 好みます
싫어하다 嫌う 싫어해요 嫌います
생각하다 考える 생각해요 考えます
말하다 話す 말해요 話します
이야기하다 話す 이야기해요 話します
미안하다 すまない 미안해요 すみませんです
못하다 できない 못해요 できないです
시작하다 始める 시작해요 始めます



子音語幹 母音語幹
第Ⅰ語基 辞書形から다を除いた形 辞書形から다を除いた形
第Ⅱ語基 다を除いて、
子音語幹の用言には으を付けた形
다を除いて、
母音語幹の用言には何も付けない形
第Ⅲ語基 다を除いて、
語幹に아/어を付けて形
語幹の最後の母音がㅏもしくはㅗの陽母音なら아をつけ、
語幹の最後の母音が陽母音でなければ、陰母音어をつける(母音調和という)
다を除いて、
語幹に아/어を付けて形
語幹の最後の母音がㅏもしくはㅗの陽母音なら아をつけ、
語幹の最後の母音が陽母音でなければ、陰母音어をつける(母音調和という)


子音語幹 母音語幹
잡다 먹다 보아 주다
つかむ 食べる 見る 与える
第Ⅰ語基
第Ⅱ語基 잡으 먹으
第Ⅲ語基 잡아 먹어 보아 두아