Contents
トップページ
5級 文法一覧表
4大用言の種類
「です・ます」합니다体
基本形の特徴
語基とは
3つの語基の作り方
가다などの第Ⅲ語基の作り方
오다などの第Ⅲ語基の作り方
하다などの第Ⅲ語基の作り方
으語幹の第Ⅲ語基の作り方
으語幹の第Ⅲ語基の作り方

用言の語幹末の母音にㅡをもつ用言のほとんどが

ㅡ語幹で、第Ⅲ語基の時に特殊な変化をします。

第Ⅰ・Ⅱ語基のときは変化がありません。



Ads by Google





으の해요体
 語幹   + ~ㅏ요
(으脱落)    ~ㅓ요

例題1

고프다(空腹だ)

 고ㅍ+ ㅏ 요고파요
    ㅡ脱落             (空腹です)

 用言語幹末の母音ㅡの前の母音が、陽母音ㅗです。
Ⅲ-요(해요体・~です)の場合、
ㅡが脱落し変わりに陽母音ㅏを接続します。

아프다(痛い)

아ㅍ+ ㅏ 요아파요
  ㅡ脱落             (痛いです)
上の説明と同様ですね。

例題2

크다(大きい)

ㅋ +ㅓ요커요
ㅡ脱落          (大きいです)

 用言語幹末の母音ㅡの前の母音が、陰母音あるいはㅡの前に文字がないので
Ⅲ-요(해요体・~です)の場合、
ㅡが脱落し変わりに陰母音ㅓを接続します。

쓰다(書く)

ㅆ+ ㅓ요써요
ㅡ脱落           (書きます)
上の説明と同様ですね。


Ⅲ-요

해요体は、第Ⅲ語基に요 を接続します。

語基という概念を用いますと、このように

해요体を作る場合に、

公式的にⅢ-요と対応することができます。

第Ⅲ語基の作り方が分かればよいわけです。

これが語基が用いられる所以です。

語幹末が으の用言
해요体=第Ⅲ語基+요
고프다 空腹だ 고파요 空腹です
아프다 痛い 아파요 痛いです
쓰다 書く、使う 써요 書きます使います
크다 大きい 커요 大きいです
뜨다 (目を)開ける 떠요 開けます
기쁘다 嬉しい 기뻐요 嬉しいです
나쁘다 悪い 나빠요 悪いです



子音語幹 母音語幹
第Ⅰ語基 辞書形から다を除いた形 辞書形から다を除いた形
第Ⅱ語基 다を除いて、
子音語幹の用言には으を付けた形
다を除いて、
母音語幹の用言には何も付けない形
第Ⅲ語基 다を除いて、
語幹に아/어を付けて形
語幹の最後の母音がㅏもしくはㅗの陽母音なら아をつけ、
語幹の最後の母音が陽母音でなければ、陰母音어をつける(母音調和という)
다を除いて、
語幹に아/어を付けて形
語幹の最後の母音がㅏもしくはㅗの陽母音なら아をつけ、
語幹の最後の母音が陽母音でなければ、陰母音어をつける(母音調和という)


子音語幹 母音語幹
잡다 먹다 보아 주다
つかむ 食べる 見る 与える
第Ⅰ語基
第Ⅱ語基 잡으 먹으
第Ⅲ語基 잡아 먹어 보아 두아










Today  Yesterday Total